新作「夏の漢方茶」は水出し&お湯出し両用で限定抹茶入りベースも!

6月の新作第2弾は「夏の漢方茶」

もう1か月くらい前からInstagramなどのSNSで「水出し漢方茶作ってます」とお伝えしていましたが、気が付くと危うく「出す出す詐欺」になりかけるほど試作を繰り返しておりました。

こんにちは、漢方茶 烏兎のマスターです。

女の子画像

 

本日オリジナルブレンドのラインナップに載せたのは、水出しで飲める漢方茶
夏の漢方茶」です。

夏の漢方茶商品ラベル

今日は夏の漢方茶をご紹介させていただきます。

夏の漢方茶の特徴

夏の漢方茶はまず、水出しでお飲みいただけるようにお作りしてあります。

冷ポットとグラス

和漢素材はこの季節に起きやすい体のトラブルに合う素材から、水でも抽出しやすい薬草を選び、さらにすぐにお使いいただけるよう、フィルターにパックしてあります。

フィルターパック画像

1包は300ml用で、ビジネスバックでも持ち歩きやすい水筒のサイズに合わせています。
(大きなポットでお作りになる時は、2包、3包とお使いください)

また、夏の漢方茶だけの限定で、ベースのお茶に抹茶入り緑茶と抹茶入り玄米茶をご用意しました。

茶葉画像

アイスでもホットでも

夏の漢方茶はもちろんホットでもお飲みいただます。

ホット画像

お湯を使っていただくと、水出しとはまた違った味がお楽しみ頂けますので、ぜひどちらもお試しいただけたらと思います。

選べるベースのお茶

夏の漢方茶はクセの少ない和漢素材を使っていますので、ホットでお飲みいただく場合はお好みでどのベースをお選びいただいても合う味になっています。

和漢素材

水出しでお飲みいただく場合は、抹茶入り緑茶、抹茶入り玄米茶、緑茶、ジャスミン茶、麦茶、ウーロン茶が抽出しやすいベースになります。

抹茶入り緑茶画像

玄米茶、ほうじ茶、三年番茶、紅茶も水出しでお使いいただけるのですが、軽いお茶の風味の、あっさりとした味になります。

雑味がなくすっきりとした味を楽しんでいただけますが、好みによっては物足りなさを感じることがあるかもしれません。

こちらのベースをお選びいただいた場合は、お湯出ししたものを冷やしてからアイスでお飲みいただくと、しっかり味を堪能していただけるかと思います。

いずれの場合も水出しはシャープな味になります。
すっきりした風味を、ぜひお楽しみください。

アイス漢方茶の作り方

・水出しの場合
300㏄のお水を入れた容器にパック1包を入れ、常温または冷蔵庫で1時間~冷やしてお飲みください。

ポット抽出画像

・氷を使って
1包を100ccほどの熱湯で抽出し、5分置いたあと、氷の入ったグラスに注いでお飲みください。
水出しより早く飲めて、すっきりした味になります。

氷入りグラス画像

・お湯出しから
300ccのお湯で淹れた漢方茶の粗熱が取れたら冷蔵庫に入れ、充分冷やしてお飲みください。

ポットとカップ画像

・凍らせてお飲みいただいても美味しくお飲みいただけます。

お求めは

水出し・お湯出し両用 夏の漢方茶

商品画像

・和漢素材・・・菊花、焙じはと麦、クマ笹、連銭草、蜜柑の果皮
(植物でアレルギーがある方は、備考欄にお書きください。菊アレルギーのある方はお飲みいただけません)

・内容量・・・300ml用7パック入(35g)

商品画像2

・価格・・・850円

夏の漢方茶のお求めはこちらの お申し込みページ

※当サイトからお申し込みの方は試飲プレゼントもあります

またはオンラインショップからどうぞ。

ショップヘッダー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です