漢方茶にできること

漢方茶は漢方薬などの医薬品ではなく、食品です。
食品ですので、何に効くとか、何が治る、ということはまったくお伝えできるものではありません。

漢方茶は和のハーブティですので、西洋ハーブをイメージしていただくとよいのではないかと思いますが、いずれにしても効果効能は一切お約束できないものですね。

では、漢方茶には何ができるのでしょうか?

漢方茶のカウンセリングブレンドでは漢方理論の『気血水』と『五行・五臓』から体質診断をさせていただき、その上でお客様に合ったブレンドをお作りしています。

ですので、難しいことは抜きにして、

『自分と相性の良いお茶を飲む』

と、思ってもらうとよいのではないかと思います。

例えばお野菜でも、体を暖める、冷ます、余分な水を排出する、などの働きがあるように、どんなものにもその素材が持つ働きがあります。

野菜画像

お野菜だって、自分の体に必要な働きをしてくれる素材を取るのが、いいですよね。

漢方茶はあなたにとって、そんな働きを持つお茶になることを目指しています。

烏兎では、陽の気がたっぷり入ることを願って、ブレンドの作成は午前中に行うようにしています。

お客様の健康を願ってブレンドをお作りしています。

誰かに自分の健康を願ってもらいたい人にも、烏兎の漢方茶はお勧めできます。

漢方茶にできることは?という問いに、結局、何もお約束できないという結論のままなのですが、それでもそんな漢方茶、一度お飲みいただけましたら幸いです。